男女の脳の違いを考える~脳の違いを知ることで、結果が変わる~

こんにちは。札幌市の中央区にある『カウンセリングこころの羽・札幌中央店』の岩本です。

今回は男女の脳の違いについて考えていきたいと思います。
日々ご相談を受ける中で、対人関係の悩みを抱えている方が多く居らっしゃいます。
その中で知っていたら少しは得になる…男女間の違いについて考えていきたいと思います。

恋愛のお悩み、上司との関係、営業職のお悩みにも役立てることが出来ると思いますので、最後まで読んでみてください♪

学校の道具
男女の脳の違いで行動が変わります。

男女の脳の機能的な違い

まずは初めに男女の脳の違いについて説明していきたいと思います。

脳には「右脳」と「左脳」があり、前者は「直感」や「感性」を司り、後者は「言語」や「思考」を司ると言われています。
さらにこの両者の間には「脳梁」と呼ばれる神経が存在しています。

これは左右の脳をつなぎ、情報のやり取りをする橋渡しの役割を担っており、女性の方が男性よりも右脳と左脳の連絡がスムーズで、両方の脳をバランスよく使えているということが研究で分かっています。

会話を例にして、男女の脳の違いを考えていきましょう。

会話をするという論理的な行為は左脳の担当です。
右脳と左脳の情報伝達が得意な女性の脳は、論理担当の左脳と、感情担当の右脳を療法上手に働かせて会話をしていきます。

そのため言葉からイメージを膨らませたり、感じたことをすぐに言語化することが出来ます。

一方の男性の脳は、女性に比べ左右の脳の連結はあまり良くないので、会話をするときに論理担当の左脳しか使うことが出来ません。
そのため言葉に感情をのせて、次から次へと繰り出すのはとても苦手です。

左脳が得意とする論理的な会話の構築はとても得意と言われています。
そして結論のない会話にはついていけず、パニックになることが多いです。

左右の脳
左右の脳で働きが違います。

「競争」と「共感」

ここからは具体的な会話や行動を例にしながら、男女の違いを明らかにしていきたいと思います。

男性脳はいちばんになりたいという「競争」、女性はみんなと同じになりたいという「共感」を大切にしています。

男性脳同士の会話であると、自分が相手よりも優位に立とうとする会話をします。
そして一番こだわることは、自分の評価であることが多いです。
そのために情報を一人占めして共有したがりません。

一方で女性脳同士の会話であると、優劣よりも横並び、相手と同じ立場に立ち、人間関係を深めようとする傾向があります。
情報を得ると「私、こんなすごいこと知ってるよ。」とみんなに伝えて、その情報を共有(シェア)することで共感を得ようと考えます。

この発想の違いには理由があります。

それは古代にもさかのぼります(笑) 
男性の仕事は狩猟で、人よりも多く食料を手に入れることが最大の使命でした。

その時代の女性の仕事は子育てと集落のコミュニティ作り。
集落を平穏に保つためにも、みんなで分け合う意識は不可欠です。
情報を仲間たちと共有することで人々とのつながりを維持することが女性の使命でした。

脳の違いによる男女の発想の違いは古代から受け継がれた脳の記憶でもあると言えます。

達成する女性
古代の記憶が現在の行動に影響しています。

「論理型」と「感情型」

理屈で行動する「論理型」の男性、感覚で行動する「感情型」の女性…。ここでも男女間の脳の違いにより、分かり合えない時があります。

例えば買い物に言って欲しい時…
女性:「ワインが足りないから、コンビニに行って買ってきて。」
男性は言われた通りにワインだけを1本買って帰ります。
すると…
女性:「ワインだけ?おつまみも買ってきてくれたら良かったのに。」
男性:「そんなこと言ってくれなきゃ分からないよ。」

よくある光景です。ちなみに私の両親はよくこのようなやり取りを父が買い物に行って帰ってきたときにしています。

このやり取りからも分かる通りに、「言って欲しい」のが男性脳で、「感づいて欲しい」のが女性脳です。
男性脳では「言ってくれなきゃ、何が欲しいのか分からない」ですが、女性は「言わなくても、私の気持ち分かって欲しい」と思っています。

男性脳の特徴として、ものごとを理論的に、そしてシステム的に考えます。
だから言われたことを言われた通りに忠実にこなそうとします。
言葉を言葉のまま、言葉の意味をそのままに受け取ります。

しかし女性脳では言葉の裏にある「感情」を重視します。
女性が発する言葉には、その前後に“言葉になっていない言葉”があるということです。

女性脳の「お願いごと」には、言葉にはないお願いが隠されている可能性があることを知っているだけで、このようなすれ違いは防げると思います。

私の父は、買い物を頼まれたときに、もうなくなりそうなものや母の好きなおつまみのストックを確認し、それらをついでに買ってくることが多くなりました。
それからは母も強く言わなくなり、平穏な空気が流れています(笑)

今回は男女脳の違いについて、主に基礎的な部分を記載させてもらいました。
まだまだたくさんの脳による違いが隠されているので、次回も違うテーマで投稿したいと思います。

男女の違いで悩んでいる方…それは脳の違いによるものかもしれません。
男女どちらもカウンセラーが在籍している『カウンセリングこころの羽』一度相談してみませんか?

『カウンセリングこころの羽・札幌中央店』岩本望未