気軽にできる気分転換

春の札幌市資料館

【カウンセリングルームの帰りに札幌の歴史を学ぶ?!】

こんにちは。札幌市にある『カウンセリングルームこころの羽』の岡本です。

昨日のブログでも少しご紹介させていただきましたが、今回は、「気分転換」をテーマに『こころの羽』付近にあるオススメスポットをご紹介させていただきます。

意外な穴場(?)札幌市資料館

大通の一番端、大通西13丁目に今回ご紹介する『札幌市資料館』があります。
(『カウンセリングルームこころの羽』札幌中央店からは、徒歩で約3分の距離)
歴史を感じる建物で「良い雰囲気」です(^^)

午前9時から午後7時まで開館しており、休館日は「月曜日」とのことですので、比較的見学しやすい施設だと思います♪

しかも、今回は写真撮影できておりませんが、館内に「カフェ」スペースもあるようで、「観光」はもちろん、「日常的な散歩コース」としても便利だと感じました。
春以外の季節は、どんな雰囲気になるのか私自身も把握しておりませんが、今の季節には綺麗な花がたくさん咲いていて見ているだけでも癒されるかもしれませんね(^^)

札幌市資料館と花
入口前には綺麗な花が咲いています。
札幌市資料館-案内
休館日は月曜日と年末年始が中心。意外といつでも見学できます。
春の札幌市資料館敷地内に咲く花
春は綺麗な花がお出迎えしてくれます。
札幌市資料館の敷地内に咲いていた花
綺麗な花に誘われて館内へ…

一体、何の建物なの?

『札幌市資料館』は、元々、現在でいうところの『高等裁判所』にあたる建物だったそうです。
大正15年に日本国内としては、8番目の高等裁判所として建築され、新たに裁判所が作られるまでの法廷として活用されていたようです。
その後、歴史ある建物を活用して札幌市の歴史を紹介する資料館として生まれ変わったとのことでした。

札幌市資料館の威厳のある扉
重厚感のある扉を開いて、いざ館内へ
札幌資料館の中扉
建物内に入ると良い雰囲気の扉がもう一枚…
札幌資料館の歴史
入口付近では札幌資料館の歴史が紹介されています。

札幌生まれ、札幌育ちだけれど…

私は、実家も札幌で生まれてからずっと地元で生活をしていますが、正直なところ『札幌市資料館』の存在は、「大通の端に古い建物がある」くらいの認識しか持っていませんでした(汗)
小学生時代の遠足などでも赤レンガ(旧・北海道庁)へスケッチに行った記憶はあるのですが、残念ながらこちらに行った記憶はありません…

先日の『カウンセリングルームこころの羽』の『フィールドワーク』で立ち寄った際に入館したのがはじめてです…。

恐らく私と同じような方も多いのではないでしょうか?

また次回、館内の様子はご紹介させていただこうと思いますが、ある程度の年齢になってから見学してみると新たな発見や気付きがあって楽しめる場所かもしれませんね(^^)

(次回へ続く…)

P.S.

人の心は、悩みをずっと考え続けていて「答え」が出るというものでもありません。
無理に「散歩」や「外出」をする必要はありませんが、ちょっと外に行ってみようかな?と思えたときには、普段行ったことのない場所を見学してみるのも何かの「ヒント」になるかもしれませんね(^^)

『カウンセリングルームこころの羽』岡本教兵